• HOME
  • ブログ
  • 不動産広告・チラシの見方
  • BLOG ブログ

    不動産広告・チラシの見方

    date_range2023/1/20

    皆さん、こんにちは。

    不動産の諸費用・住宅ローンの事前審査とお話してきましたが、今回は不動産を探す際に目にする「広告・チラシ」の見方について書いてみようと思います。

    まずどんな広告にも「価格」「間取り」「交通」「取り扱い業者名・連絡先・取引態様」など記載されていると思います。

    価格

    価格はそのままです。消費税に関しては、土地には掛かりません。

    業者が売主の場合の建物についてのみ掛かってきますが、表示価格が税込となっている場合がほとんどです。

    なので、別に何十万円・何百万円も消費税がかかるかもと心配される必要はありません。

    間取り

    Lはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンなどはご存じかと思いますが、他の表示としてSはサービスルーム、Nは納戸を示しています。

    サービスルームとは洋室でも建築基準法の採光不足で洋室と表記できない場合によく使わますが、2LDK+Sの間取図を見てみると実際は3LDKとして使用できそうな間取りとなっていることが多いです。

    交通

    最寄りの駅からの徒歩やバスを利用しての所要時間を表示しています。

    基本的には徒歩1分=80mとしています。ただし、信号待ちや坂道などは考慮していませんので、現地にて確認が必要です。

    また、敷地の広いマンションなどでは敷地の最も近い場所を起点としますので、プラス数分かかると考えていただければと思います。

    取引形態

    売主と表示があれば、掲載している業者が売主であり仲介手数料は発生しません。

    媒介や仲介と表示されていれば、掲載業者が仲介している取引となり仲介手数料が発生します。

    以上、皆さんが目にする広告の見方について書いてきましたが、広告には上記以外にも様々な記載があります。

    実際に問い合わせをしていただければさらに詳しく、物件ごとに注意する点などお伝えすることが出来ますので、遠慮なくお問い合わせください。


    \三建神戸のSNSアカウントはこちらから/

    Instagramは毎日更新中!

    モデルハウスや施工写真、社員の日常をUPしています!


    youtubeにもお家について役に立つ情報を配信しておりますので、是非ご覧ください!

    動画がお役に立ちましたら、高評価、チャンネル登録もよろしくお願い致します!


    分譲地情報も随時更新しています!

    家づくり、リフォームについてお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください!

    プロの住宅アドバイザーがお客様に合った方法で解決のお手伝いをさせていただきます!

    expand_less