• HOME
  • ブログ
  • 不動産購入の際の諸費用って?
  • BLOG ブログ

    不動産購入の際の諸費用って?

    date_range2022/9/03
    app_registration住まいのご相談

    皆さんこんにちは。

    今日は、不動産(土地・建物・マンション等)を購入する際にかかる諸費用について書いていこうと思います。

     

    例えば、「中古住宅2,000万円」と表示されていれば別に約200万円(約10%)かかると考えていた方がいいです。

    不動産を買うときに必要な諸費用とは、①登記費用 ②仲介手数料 ③収入印紙代 ④固定資産税精算金 ⑤住宅ローン費用 ⑥火災保険料 などです。

     

    ①登記費用・・・土地や建物の大きさや所有者が誰か、また抵当権などの住宅ローンの内容を載せること。一般的に、土地家屋調査士や司法書士といった方に依頼することがほとんど。

     

    ②仲介手数料・・・読んで字のごとく、不動産売買の際にお世話になった不動産屋さんに支払う手数料のこと。例えば2,000万円の中古住宅を買うと、仲介手数料66万円+税となる。

     

    ③収入印紙代・・・印紙税法という法律があり、不動産売買契約書や住宅ローンの金銭消費貸借証書に貼らなければならない。例えば、土地1,500万円の売買契約書には1万円の収入印紙を、3,000万円の金銭消費貸借証書には2万円の収入印紙を貼る必要がある。

     

    ④固定資産税精算金・・・不動産取引の慣例として、不動産を持っている人に掛かる税金である固定資産税・都市計画税を引渡日にて日割精算すること。

     

    ⑤住宅ローン費用・・・「事務手数料」と「保証料」とがあり、両方が必要だったり、片方だけ必要だったりと金融機関やローンの種類によって決まってくる。例えば〇〇銀行は88,000円の事務手数料と借入金額の約2~3%の保証料が必要だったり、フラット35だと借入金額の2.2%の事務手数料のみだったりといった違いがでてくる。

     

    ⑥火災保険料・・・万が一の為の保険。これまで10年といった長期一括契約が可能でしたが、2022年10月より最長契約が5年に短縮され、保険料の値上げ・長期割引率の低下の改定が行われます。

     

    こういった内容の費用が必要となりますので、頭の片隅にでも留めておいていただければと思います。


    ▼三建神戸のSNSアカウントはこちら!

    Instagramは毎日更新中!

    モデルハウスや施工写真、社員の日常などをUPしています!


    youtubeにもお家について役に立つ情報を配信しておりますので、是非ご覧ください!

    動画がお役に立ちましたら、高評価、チャンネル登録もよろしくお願い致します!

     


    分譲地情報も随時更新しています!

    https://sanken-kobe.com/land/

     

    家づくり、リフォームについてお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください!

    プロの住宅アドバイザーがお客様に合った方法で解決のお手伝いをさせていただきます!

     

     

     

     

    expand_less