• HOME
  • テクノストラクチャーとは
  • TECHNOSTRUCTURE テクノストラクチャーとは

    パナソニックテクノストラクチャー工法とは?

    テクノストラクチャー工法はパナソニックが開発した木造を強化した耐震住宅工法で、1995年に販売を開始しました。住宅の「梁」の部分に「テクノビーム」という木と鉄を組み合わせた独自の部材を使用するのが特長です。

    併せて2階建て以下で延床面積500㎡以下の木造住宅では義務付けられていない構造計算をすることで、建てる前にお客さまの住まいの安全性を確認しています。

    また、テクノビームを始めとする部材の強さを活かした設計自由度の高さが魅力で、大きな吹抜け、柱なしの大空間、スキップフロアなど、希望の間取りを実現しやすい工法です。

    三建神戸事業所が、テクノストラクチャーを選ぶ理由

    三建 神戸事業所は神戸市西区に事務所を構え地域に密着し、パナソニックの耐震住宅「テクノストラクチャー工法」を採用しております。
    神戸市には幼いころ阪神・淡路大震災を経験し、大きな揺れで怖い思いをした方がたくさんおられます。
    その方々が大人になり家族ができ、そして自分たちの家づくりをする時にまず最初に考えるのが、これから暮らしていく家は「地震に強い家なのか?」ということ。

    「テクノストラクチャー工法」は木と鉄を組み合わせた梁「テクノビーム」を使い、388項目にも及ぶ構造計算を1棟1棟すべて実施した耐震住宅。
    そして耐震性能を確認するために、実物大のモデル住宅を使い、阪神・淡路大震災クラスの揺れを5度に渡って加える実験にもクリアしています。

    私たち三建 神戸事業所は「家は大切な家族を守る幸せの器」だと考えています。
    再び阪神・淡路大震災のような大きな地震が来ても、大切な家族を守り大きな地震にも負けない家を届けたい、そんな思いで「テクノストラクチャー工法」を採用しております。

    expand_less